私たちは自身を愛し、社会に堂々と出て
日韓平和の架け橋となります。

日韓国籍者たち 発足宣言文

 私たちは、今日ここに、日本人と韓国人の両親の間に生まれた日韓両国の国籍を持つ日韓二重国籍者であることを、堂々と宣言する。私たちは日本と韓国の間で生じている歴史的、そして政治的対立の中で葛藤し、傷つき、苦しんできたこの場所とこの場にいる人々のことを決して忘れはしない。長きに渡ってわだかまりとなってきた人々の恨みと、時間が経っても未だに鮮明な傷をなだめながら、今日、私たちはここに立つ。

 

 これまで日本、韓国で反韓、反日の感情や文化が生まれていく中で、私たちは日本と韓国両方のアイデンティティを持つ者として成長してきた。日本と韓国が政治的に対立する場面ではもちろん、歴史の授業、両国に関する討論や報道、"日韓戦”という名前で開催される国家対抗スポーツ競技に至るまで、さまざまな場面で、私たちは自身の半分のアイデンティティを批判されたり、時には取り除かなければならなかった。

 だから、私たちは日本と韓国両国にルーツを持つ自身のアイデンティティを、ありのまま認め、愛し、日韓二重国籍者として堂々と宣言する。日韓両国の対立が活発化し、歴史問題による対立がさらに多くの憎悪や無知を生み出し続けているという悲観的な状況の中でも、私たちは恒久的な日韓平和の時代を切望しながら、両国にルーツを持つ私たちのアイデンティティがその夢の礎となることを証明していきたいと思う。

 

 私たちは、今日ここに、私たちの想いを支持する日韓の青少年たちと共に非営利団体の“日韓国籍者たち”を結成し、下記のように宣言する。

 

ひとつ、私たちは日本と韓国両国にルーツを持つ、私たちのアイデンティティをありのまま愛し、堂々と宣言する。

 

ひとつ、私たちは日本と韓国の社会で蔓延っている誤った憎悪や嫌悪の文化を是正し、真の日韓平和の時代を開いていく礎となる。

 

ひとつ、私たちはこれらの目標達成のために少年世代の教育や交流、キャンペーン等の社会的活動を展開していく。

 

2019年8月1日 大韓民国国会図書館で <日韓国籍者たち>会員一同